brance beansー痛い過去と新しい今へー

主人公ノブちゃんが痛い過去と向き合い今を創造していく過程です。本当は面倒くさい人間なのを、隠すのではなくて公開して向き合っていこうという企画です。

無口と付き合う歴

自分で選んで男性経験を積んだ時期のはじまりが、たぶん平均よりも遅いほうです。 きちんと「お付き合い」という形をとったと自分で思っているのが、26歳の時が最初です。 当時大好きだったカレは35歳。 そうなんです、天秤座新月の今朝、気付いてしまい…

不安に煽られて行動し、「自分を粗雑に扱っているから、他者にも乱暴をはたらいてしまう」人へ②

前回から月日が流れてしまい、本日10月1日。天秤座の新月なんだって! ①の続きなんですが。↓ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ >そんな性質(「優しさ」ではなく単に「性質」と私は定義します)を持っている多数の「気付く機会が思い込みにより阻害され続けた層」にしか…

不安に煽られて行動し、「自分を粗雑に扱っているから、他者にも乱暴をはたらいてしまう」人へ①

ameblo.jp 私はこれ、めっちゃ気持ちわかりますし、長年そうでした。 「他者にも乱暴をはたらいてしまう」という対外的な結果だけがやはりクローズアップされますので、乱暴をはたらかれた側の人からは当然厳しく叱責されます。(当たり前だ。正当防衛だ) …

『自分はコミュ障である』と悩むあなたへ

ameblo.jp ■私の場合は、一見コミュ障には見えないのです。 父親からも「ぜんっぜんそう見えない」と言われますし、 他者評価に頼りがちなわたしは、 「じぶんはリアルでのコミュニケーションに長けたほうだ」と思って生きてきました。 でもその内情は、いつ…

好きなものにおける好みさえわからなくなっているあなたへ

ameblo.jp 私は以前二次創作の同人誌をつくっていました。 でもそこにあったのは、純粋に『作品を好き、キャラを好き』という気持ちだけではなく、今思えば「なんとかこれで先を切り開いていきたい」という気持ちであったと振り返ります。先を切り開くとは、…

『真面目系クズ』

ameblo.jp たいへん私自身にあてはまる。 本当の「まじめ」からは嫌われる・・・それを社会人になってからよくよく経験した。 まじめに見せておいてクズだけど、それでなんとかやっていけるから、そのまま、足のつかない自転車をこぐように、なんとかやって…

感謝も湧かざるを得ないわい

<前回までのあらすじ>(嘘) もともと、占いや分析、個性学などが大好きな長尾。今回はホロスコープ読みを楽しむ毎日でした。そこで・・・ 水星0度ふたご座、これほんとうに私のホロスコープでしょうか。どっかの赤ちゃんと記入間違えたんとちゃいますか…

『地星座は本当にイケメン好きなのかを検証する』

ameblo.jp なんか真面目であることに疲れてしまって。(笑) どうしたら、人と仲良くなれるかなーーー 私の素質でに提供できることってなんだろう!!! って考えた結果、 普段から割と「人に爆笑してもらうことが好き」だったり 「あぁ、こんなにオモロイこ…

「凡人で恥ずかしい」というキスマーク

<前回までのあらすじ> 神からお告げがあり、仕事のブログと個人のブログを分けようと思う私。しかし・・・? こんにちは。 あんまりまだイメージが湧きませんのですが、放置になるのも嫌なので、更新はしていきます。なぜこんな深夜に・・・ ここのところ…

「ちゃんと、塾のブログと、個人のブログを分けよ②」

おまけに個人ブログのタイトルまで示唆してもらいました。(夢で神に) わたしの一番好きな食べ物は枝豆です。小学校の頃から変わりません。 20代のころのサークル名は「えだまめ」でしたし、HPタイトルは「えだまめぐれいと」でした。 神「かつての『えだ…

「ちゃんと、塾のブログと、個人のブログを分けよ」

夢で見ました(゚д゚ ) 神「自分個人の話をするブログと、塾として運営するブログとを分けよ」 私「えぇっ。」 神「いちおう、リアル社会でお前に会った上で塾に興味を持ったり、お客さんづてに検索してきた方が、いまのブログを見たらどん引きするであろう」…

【シェア記事】『「小さい頃なりたかったもの」が意味するもの。』

ameblo.jp シェア記事です。 筆者さんは、「亜美ちゃん」がお好きだったと書かれていて、ギクリとしたんですよ。 大人になってから、実写版セーラームーンが日曜朝あたりに放送されていて、私は神奈川で同棲生活中だったんですが、彼には「セーラーヴィーナ…

「ゆるく」生きていくことも大事だけどもさ?

みんな、どれだけがんばって生きてきたんだろうと思う。嫌なことぜんぶやめる、好きなことだけする、言いたいことはわからないでもないけど、わたしには、当てはまらないところもあるんです。 「さすがにそれはねーべ?」って思う。自分を鍛え上げなければい…

嘘をつくとものすごく安心する。

ほんのちょっとしたことでも、仮にバレバレだったとしても、嘘をついて自分を守ると、とても人生がしっくりときて安心する。「嘘なく生きよう」と決めてから引きこもりがちとなった。(※仕事してます家で 笑) そもそも他人は私のことなど、どうでもよいわけ…

「あんな低俗な場所では生きてはいけないよ・・・」

自分たちを高尚だと思っている人が苦手だ。人に歩み寄ろうと少しもせず、自分の知っている世界だけで全てを判断し、自分と教祖たちこそが一番だと思っている。どんなに空間が澄んでいたってお前のような優しさの欠片も無い人間が世界を変えるなんて私は微塵…

分裂の仕組み

爪にジェルネイルの加工をしながら鳩子はふいに目を逸らした。横では色とりどりのラメとスワロフスキー風ガラス細工で加工されたストラップが、ブーン、ブーンと振動している。繋がるスマートフォンには、「着信:下着屋」との表示。いまは、右手の爪をLEDラ…

”どうしてこの世には男なんているんだろう?”

男なんていなければ人類は繁栄せずに済んだ。あんな空気も読めない、頭も悪い生き物この世にいなければどんなに楽だろう。 男なんてすべて騙して生きてやる。自分に出来ることはそれだけだ。あんな阿呆どもぶっ殺してやる。そのために私は可愛くもするしおし…

神経症か、ガラじゃないよ

せっかくフォト柴田さんにプロフィール写真を撮っていただいたのに、FACEBOOKでドーンとフィードに上がるのを避けてしまった。誰も私になんて注目していないのに、何か記事を上げるとログインしている人のすべてがこちらを見ているような気持ちになる。自意…

想像以上の頑固者

このブログ。どこまでもどこまでも、自分のこと、自分のこと、自分のこと、自分のこと。明日も明後日も自分のこと。次も次も次も… 自分の中の「奴隷」、自分の中の「貧乏な心」、そんなもの全てが炙り出される機会があって、もう逃げられないな、なんて思い…

自分を伝える

圧倒的に自分自身を誰かに晒していく作業が足りないので、二次小説を書いて友人に見せたりして鍛えている。15年くらい前すごい勢いで漫画を書いていた時期があって、その時はちょうど青森から東京へ出たころだった。その後、バンド活動や詩による表現活動…

オタク

「のびぃ!幽白文庫版7巻の表紙が鴉だよ!!」と何年も会っていないのに当時わざわざ連絡をくれた、現存する唯一のオタク友達であるAちゃん。彼女と先日池袋でお茶をした。私が唯一鴉について全力で話せる友達であり、大学生のころに仲良くなった。 「・・…

携帯運、機器運

若さがなくなってくると同時に、偶然かもしれないけど、「携帯電話の運」がなくなってきていることを感じる。25歳の頃使っていたガラケーなんて、充電は3日に1回すれば良いくらい頑丈だった気がする。現在私はドコモのガラケーとアンドロイドのタブレッ…

生命力のなれの果て

「私は自分を公で表現して人と関係を築くことが苦手である」というと驚かれる。さらっとうまく馴染むことは出来るのだけど、自分が望むものを表出して相手に伝えて、自分の望む関係を築こうとする努力の方法がわからない。なにも望んでおらず、相手が嫌な気…

ホスト側としてラジオやってみたいのう

昨夜は珍しくパーティーに参加してきました。プロのMCの方や、ラジオパーソナリティーの方がいらして、素敵でした。そういう「しゃべりの上手い素敵なプロ」を目の前にすると、私は興奮して自分も喋りたくなります。 ゲストのお話を聞くという形のラジオ番組…

「じぶんは特別な人間」と思っていたけれど・・・

いきなり余談ですが、おもしろいもの、ちょっと間の抜けたものがすきです。美しいものはもちろん好きなんですが、それだけじゃいやだ。きもちわるい。得意でない。ゴマちゃんとかアザラシとか猫とか犬とか、横断歩道渡る熊とか、どうぶつとか、やさしいもの…

犬が星になりました

約20年間実家に居た室内犬が息を引き取った。父方の伯母の家で飼いきれなくなったのを長尾家で預かったとき、私はまだ17歳かそこらの女子高生だった。 最初のうちは父方の祖母が中心となり犬を育てていたが、その祖母は早々と認知症を発症し父の運営する…

交流と自己分析

たった数時間滞在するだけなのに、ものすごくエネルギーを消耗する場所に、来週も行かなければいけません。心の交流の少ない場所は、会話の少ない場所は、私にとって地獄です。脂汗がにじむ。一度自分の中からアウトになると、ちょっと厳しい。でも来週で最…

絵画

美しいものはモネ。 おもしろいものはシャガール。 美しくておもしろくて、なんかげんきでるよな。。 ながお のぶこ

気に入っていた服が、そうでなくなってしまったの。

奮発して買ったワンピースは独特のブランドのものだった。ある晴れた初夏の日に、さわやかな風が吹く展示室で、果たして6桁の金額を出していいものか迷った。 購入するとすぐに着替えた。優しい日だった。まわりもみんなが口を揃えて「素敵だ」と褒めてくれ…

「いのちの大きさに戻る」

子供じみたやり方を棄てる時が来ている。花子はそう感じた。 品行方正に人を見下す貴族階級を見ては唾を吐き、キレイに敷かれたテーブルクロスをめちゃめちゃに引き裂いて、自分の歩んできた泥道を象徴する靴裏で気の済むまで踏みつける。またあるときは、偽…

教育・お行儀カーストに触れて

ameblo.jp 世の中に、こんなにも「鬱」になったりするくらい、幼いころから「勉強、勉強」言われて、親のいいなりにしかなれないような階層があることを、私は正直、最近腑に落ちて知ったのだ。私は現在田舎で小さな学習塾を運営している。先日東京へ出張し…

ハイササイエティにおけるマニュアル

一度がんばってローササイエティにおけるマニュアルを身に付けてしまうと、今度はもう差別意識丸出しのハイササイエティのマニュアルを身につけることが億劫で仕方がない。しかしながら私は代表者であり、こどもたちにものを教える身なので、そうとばかりも…

金は天下の回り物

もっと苦労しなきゃ、もっとケチケチしなきゃ、管理をしなきゃ、と思いながら、やっぱり10年くらいは生きてきたわけで。出るときはでるし、入るときは入るという理を理解しはじめたのは最近です。で、その出入りを、細部は置いておいても、全体的には極力…

夏休み

タブレットのネット接続がなぜか途切れまして、この暑い中DOCOMOショップへ行くのが億劫で、そのままになっております。ガラケーがあれば仕事は出来るので、FACEBOOKに繋がりにくいということを除いてはそれほど不便なこともありません。動画が見られないの…

余計なプライドの塊はすぐに諦める

余計なプライドの塊は、「失敗したくない」ということを 自分の本当の意思や理念よりも優先しているので すぐに諦める。 まるで、「他の誰か」が悪いかのようにしてね。 そんな姿は見る人から見たら 心底残念なものだろう。 「自由にしていいですよ」 「好き…

そこに『意思』が無ければ・・・

そこに『意思』がなければ、どんなに良い環境も、恵まれた幸運も、良き出会いも、 何の役にも立たない。 しあわせのために、生きているから。 すてきなお友達というか、知り合いというか、そういう女性たちが私には、います! メモリーオイルをブレンドして…

日記。『そんなに私が怖いですか?』

※ 以前書いた日記。 タイトル『そんなに私が怖いですか?』 決して親と仲が悪いわけではありませんが、 ときおりこのような気持ちに私はなるのです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 母は善人私のことを怖…

現実三昧、夢三昧

構図とキャラ設定だけお伝えしてお願いしたロゴが、作家さんによってこんなにも仕上がりに差がある。面白い!! 今日の始まりは、早朝の「今朝になってはじめてこどもが”午後から部活があるということ”を言い出したので、今日の塾はお休みします」という保護…

勇気

なんだろう、この、「私が悪かったです、すみません」と涙目で謝罪しながらも、 本当の問題からは明らかに目を逸らし続けているような違和感は・・・。 感受性ばかりが 無駄に発達しても 真実と向き合う勇気がなければ おじゃんよ。 ながお のぶこ

アノミーを防ぐ

エミール・デュルケームの『自殺論』を久々に手にとりパラパラと捲りました。ぶ厚い本は、購入するのですが正直頭からお尻まで読み通したことがあまりないのです。この本はザックリと言うと「人は本来の自分を見失い(疎外)神の法がわからなくなり、どうし…

語れること

中学校のころにジャンプに連載されていた『幽遊白書』という漫画が好きだったというおはなしは以前致しました。 なんとこのたび、そのころ発売された、キャラクターが歌を歌っているCDを納戸で発見致しました。何度も目に入っていたはずなのですが、あまりに…

事務が楽しくなるような机をください

Antique Oak Collection ツイストレッグテーブル こぉんな・・・ (思ったより高くないな。) こっちのほうがいい!!! (それなりのお値段だ) こーんな・・・・・ 背筋を伸ばしてピッと優雅に作業できるようなものが欲しい。 十万単位以上のお買い物も、…

「幸福追究せよ!」

今回のブログで言いたいこと↓ 「ツールを逃避に使うな。ツールはより深い幸福追究のために使え。それだけでしょ。それだけだよ。」 幸せを貪欲に追究することのほうが大変だから、人のせいにしてるんだよな。お前も俺も。(オタク) ・・・・・・・・・・・…

2011年、5年前。

大学時代から10年ほど住んだ東京から実家のある青森へ引き上げてきた。当時29歳。もう田舎で静かに地味に、目立たず暮らそうと思っていた頃だ。この写真は、塾講師の面接へ行くための履歴書に貼るために撮影した。家庭教師は東京でもやっていたけど、た…

まな板のうえの私

おもしろい話を目にしました!! 嫌いなアーティストがいて、そのアーティストの嫌いなところを言ったら、「あなたにそっくりだよ!!」と言われたという。おもしろい!!!でもそのアーティストは、自分を生かしているから売れている、と。なんておもしろい…

1週間のエピソード詰め合わせ

●もう終了から20年くらい経っているのに、最近まで更新されていたらしい幽遊白書の小説サイトさんを見つけて私は復活した。心臓のドキドキが止まりません。こうなったらとことん腐ってやる。画像は一応さわやかな雪菜ちゃんにしてみたけどもちろんそこそこ…

岡田哲也さんにお会いした話~そういえば男嫌いだった・・・~【も有】

自分でもすっかり忘れていた。私は男の人があまり好きではなかったんだ。 この写真を撮影してくれたプロカメラマンの吉田さん(男性)という人が、また優しくて明るくてモテそ~~~な感じ!!ヨメもかわいい。つい構えてしまう。構えが表情のぎこちなさに出…

「好きなカップリングが幸せなら私も幸せ」の心理はどこから来るのか【も有】

<前回までのあらすじ> 「自分の好きなことを追究すべし」と自己啓発のお達しを経て、好きなことがわからなくなっていた私はどんどん過去へと遡っていった。ここで、久々なる胸のときめきを覚える中学生時代の志向が蘇った。それは・・・ 久々に胸がときめ…

メイド喫茶(秋葉原)【も有】

おいしくな~れ、萌え萌えキュン♡ どちらかというと、「好きなものを大事にしろと言われても、正直自分の好きなものがわからない。」と思い悩んでしまうほうの人間です。しかしそれでは、幸せに生きられませんので、本音に従い、秋葉原へと久々に行き、数時…

内海聡先生にお会いした話

教科書(とくに歴史)を突き詰めていくと、私の直感(笑)が「ぜってー嘘だべや(津軽弁で「間違いなく、コレ嘘でしょう?」)」と騒ぎザワザワした上で眠くなるので、真実の歴史を調べている方に会いに行く必要がある。そこで、「尊敬出来る先生」に会いた…