読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

brance beansー痛い過去と新しい今へー

主人公ノブちゃんが痛い過去と向き合い今を創造していく過程です。本当は面倒くさい人間なのを、隠すのではなくて公開して向き合っていこうという企画です。

犬が星になりました

 約20年間実家に居た室内犬が息を引き取った。父方の伯母の家で飼いきれなくなったのを長尾家で預かったとき、私はまだ17歳かそこらの女子高生だった。

 最初のうちは父方の祖母が中心となり犬を育てていたが、その祖母は早々と認知症を発症し父の運営する施設へ。それが私が25歳くらいの頃。その頃まだ私は大学を出て、フラフラするという目的を果たすために東京に残っている。(正確には神奈川)

 サターンリターンと呼ばれる29歳のとき、まんまと私は実家である青森に引き返し、犬はまだ元気で実家に住んでいた。結局、母が主餌をあげているので、母に一番なついていた。

 そして私が35歳のいま、家族に見守られながら息を引き取った。

 

 私は「死」ということが、存在することはわかっているけど、それ以外は「死」についてなにもわかっていない。

 死んだらどうなるのか。どうして生まれてくるのか。どうして死ぬのか。生き物のしくみ。

 「死」が存在するということだけがわかっている。犬は今日保健所に引き取られて骨になる。まだ、肉も毛も目玉もついたまま、毛布にくるまれて横になっている。お腹をなでていると、一週間前のように、ひょっこり動き出しそうだ。

でもやっぱり死んでしまったものは、見た目は同じでも息をしておらず、動き出しもせず、声も出さない。

 

 

ながお のぶこ