読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

brance beansー痛い過去と新しい今へー

主人公ノブちゃんが痛い過去と向き合い今を創造していく過程です。本当は面倒くさい人間なのを、隠すのではなくて公開して向き合っていこうという企画です。

分裂の仕組み

 爪にジェルネイルの加工をしながら鳩子はふいに目を逸らした。横では色とりどりのラメとスワロフスキー風ガラス細工で加工されたストラップが、ブーン、ブーンと振動している。繋がるスマートフォンには、「着信:下着屋」との表示。いまは、右手の爪をLEDライトの下に入れて固めている最中なので出ることができない。かろうじて残された左手で、通話ボタンを押しハンズフリー機能に切り替える。

「ーーーもしもし、鳩子さんですか?」

 丁寧な声で下着屋は言う。

「さっきのことなんですが、ぜんぶ、間違いなんです。僕は・・・」

僕は。

なんだというのか。

 

話は昨日に遡る。 

 

 鳩子は三軒茶屋のコールセンターで働く派遣OL。下着は締め付けない、ここ数年流行している「ふんどし型」のパンツと決めていた。「男は行為の時に、女性の下着なんてそんなに見ていない」というのが、千葉の田舎から上京したのち、大学に入り社会人になった25歳の彼女の覚えたことだった。もちろん「そんなに」見ていないというだけで、全く見ていないわけではない。

 

 付き合って1年ほどになる志多木とは、合コンで出会った。正社員の就職にありつかず、敢えて派遣のOLとしての道を選んだ彼女にとって、男性に求めるものはなんといっても柔軟性であった。一昔前のように、「安定」や「男らしさ」って、わからない、と感じていた。どんなに計画を綿密に立てたって、核戦争や大地震でも起きれば一瞬ですべてが無くなる時代。そしてそれはかつての、我々の親世代のいう「1999年のノストラダムスの大予言」のような漠然としたものではなく、戦争や自然災害というリアルなものだ。