読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

brance beansー痛い過去と新しい今へー

主人公ノブちゃんが痛い過去と向き合い今を創造していく過程です。本当は面倒くさい人間なのを、隠すのではなくて公開して向き合っていこうという企画です。

想像以上の頑固者

 このブログ。どこまでもどこまでも、自分のこと、自分のこと、自分のこと、自分のこと。明日も明後日も自分のこと。次も次も次も…

 自分の中の「奴隷」、自分の中の「貧乏な心」、そんなもの全てが炙り出される機会があって、もう逃げられないな、なんて思います。

 あともう一つ、私は私をわかっていなかったことがありまして。

 「理解力」あると思ってたんですが、どうもこれが、自分で思っていたよりも無い。

 どんなときにそう感じるかというと、「誰かの言っていることがわからないとき」です。「わかったフリ」をします。だから余計にわからなくなってこじらせていくの。

 そして「なぜわからないのか」というと。書きながら気付いたのですが、さっきの「理解力がない」は嘘ですね。

 ズバリ「変わりたくないから」なんだなと、胸の宝物(と勘違いしていたゴミ)をいつまでもいつまでも握りしめていたいからに違いないよな、と、台風で雨風の凄まじい窓辺にて、一人ガクブルしながら気付きを体感しています。

 

-なぜ変わりたくないのか。-

 このテーマは深すぎて探究しきれるか心配です。

「なぜ変わりたくないのか。」

  「素直さ」を取り柄として生きてきたはずなのに、肝心なところで全く素直に人の話が聞けないんです。そしてまた「わかったフリ」。これは根強い。

 はたまた、「取り違え」。わざわざ真実とは違うようにわざと受け止めて、違った方向に努力して自分を苦しめてみたりするの

なぜそんなことをするの?答えは簡単。「幸せになりたくないから」でございます。

ではどうして幸せになりたくないのでしょうか?これも答えは簡単。

「幸せになったら、誰も助けてくれなくなる」からでございます。

ハァ?!なんだその思い込み!どこでそうなった?

 

 

幸せになったら、誰も助けてくれなくなる。-

 

 予期せず自分の中から登場した言葉です…。


「幸せになったら、誰も助けてくれなくなる。」

え、これって、真実じゃないですよね?

誰かに真の意味で助けられて支えられているからこそ、幸せなんですよね?

なんだかでっかい、「思い違い」を、しっかりと握りしめちゃってますね。

本当に「自分のかたくなな部分」にアプローチするような内容は、脳の理解速度が通常の半分以下になります。(笑)


相手の優しさや愛は感じるんだけど、言葉の真意が、つかめない。どういうことだ

何に気付けばよいんだろう?
まだまだ「変わりたくない」を握りしめている私の視界には、
点線で描かれたような「気付くべき事柄」がぼんやりとしか見えず、気を抜くとやり過ごしてしまいそう

現実を生きるためにこれまでどれだけ、わからないことをわかったフリして前のめりに生きてきたことか。
スカッスカッと空気を掴む音ばかりが響く。
フリでは実際なにも掴めていないのよ。

 

 自分へのネグレクトを自分にし続けていては。理由も言い訳になってしまうね。

 

 ながお のぶこ